ダイエットと睡眠の関係

ダイエットと睡眠の深い関係

ダイエットが中々上手くいかないこともあるでしょう。
運動をすること、食事制限をすることも必要ですが、実は睡眠もダイエットに大きく関係しています。
しっかりとした質のよい睡眠を取ることによって、痩せるためのホルモンが分泌されます。
この痩せホルモンはストレスを感じてしまうと分泌されにくくなってしまうので、ストレスを溜めないことも大切です。
では実際にはどうすれば良いのでしょうか。
浅い眠りではなく、深い眠りが必要となります。
また時間も大切であり、7時間程度の眠りが痩せホルモンを分泌するためには必要です。
色々忙しくてやらなければいけないことがあり、十分に眠ることができない人もいるかもしれません。
それでも日付が変わる前には寝るような習慣を身につけるとよいです。
そうすることで痩せホルモンが分泌されやすい環境を作り出すことができます。
安眠を妨げるスマホやパソコンは寝る1時間前には見ないように心がけることも大切です。

ダイエット成功のカギは睡眠にあり

ダイエットと云えば、運動や食事制限などをイメージされる方が多くなっていますが、幾ら努力しても効果が現れないという場合には睡眠を見直してみてはどうでしょうか。
睡眠は人の健康や美容に於いて非常に重要と言われていますが、ダイエットとも深い係わりがあります。
寝ている間の消費カロリーは生命活動の中で最も消費量が少なく、正確な消費カロリーは、体重1kgあたり1分間で0.0170kal、これに年齢と性別により分けられた補正係数を掛けて計算します。
もっとも、平均的には理想的と言われる7~8時間の睡眠を取った場合で約300kal前後の消費量があり、毎日することなだけに軽視できない数字です。
そして、このカロリー消費に大きく関与するのが成長ホルモンで、午後10時から午前3時位の間が一番分泌されやすい時間とされています。
このことから、ダイエットするにはこの間に寝ていることが肝心で、また夜更かししなければその分夜中に夜食なんてことも避けられます。

注目サイト

最終更新日:2018/10/15